トップページ計器解説>用途別種類(普通形)

普通型

①【装備場所の環境】は、JIS B1804、環境区分C、クラスC1とする。
 {ただし、密閉形は屋外区域、最大絶対湿度0.050と字句を置き換える}とする。

                  項目

圧力計の種類
規格 区域 温度 湿度
96RH 最大絶対湿度
kg/kg^1
普通形
一般圧力計
JIS B 1804
環境区分C
クラスC1
遮蔽区域 -5~45℃ 25~100 0.028
{密閉形圧力計}   {屋外区域} {  〃  } {  〃  } {0.050}

②【取付姿勢】は、目盛板が垂直でその表示が水平となる方向に取り付ツける。

③【振動又は衝撃】は、精度許容差を越える指針の振れを生じない範囲とする。

④【圧力媒体】は、非腐食性
 {ただし耐食用は接液部材質SUS316の耐食性が有効な範囲}の液体、気体とする。

⑤【常用圧力】の上限は、次の範囲とする。

(1)定圧力 最大圧力の3/4以下
(2)変動圧力 最大圧力の2/3以下
真空圧力 最大圧力

■備考

(1)定圧力:1秒あたり圧力の1%を超えない速さで変化し、
 かつ、1分あたりの変化量が圧の5%を超えない圧力。

(2)変動圧力:1秒あたり圧力スパンの
 1~10%の速さで変化する圧力。

蒸気用普通型

①【環境温度】が10~50℃の範囲で、運転開始時の水蒸気のように一時的に高温となる所とする。

②【その他条件】は、普通形の条件②③④⑤を引用する。

③【記号M】を表示して用途別の種類を表す。

※{  }内は、性能向上のために当社規格として制定したものでJIS B 7505に該当しません

Copyright (C) 2009 Takashimakeiki. All Rights Reserved.